液体レンズ オートフォーカス拡張開発キットクロニクス株式会社

  • 製品分類レンズ
  • 画像
  • 画像
  • 画像

オートフォーカス拡張開発キット

Corning®Varioptic® AF Explorer開発キットはCorning Varioptcが提供する液体レンズの技術によって
高速で確実なオートフォーカスを製作する総合的なプラットフォームです。開発キットは付属のソフトウェアと
複数のPCBを含み、すぐに使用出来る構成で提供されます。
撮像性能、オートフォーカスの性能、あるいは、カメラの標準的な全ての機能について、液体レンズの特性を
評価して研究したい開発者に最適な開発キットです。評価の構成に加えて、開発キットはリファレンスデザイン
としても使用出来ます。関連するソースコードのレイアウトや特徴的なIPSも使用出来ます。
この開発キットは数種類のセンサーボードと液体レンズモジュールをサポートしています。標準の構成は
Sony®IMX355 5M画素のセンサーとCorning®Varioptic®のC-S-25H0-075のAFレンズモジュールとなります。さらに標準的なUSBとUVCに準拠しています。そのためインターフェースに接続する他のドライバーを必要としません。

【特徴】
• 開発者とユーザー向け液体レンズをベースにしたカメラ開発ボード
• オートフォーカス (AF)
- 静止撮像用コントラストベースのAF(Hill Detection, Fibonacci, Dichotomy, Full Scan)
- ビデオモード用コントラストベースのAF(Continuous Auto Focus – CAF)
- クローズドループベースのAF – 静止撮像あるいは動画モード向けTOFセンサーベース
- 温度補償
• 画像パイプライン リファレンスデザイン
• Windows®用アプリケーションソフトウェア (AF Lab):
- いくつかのアルゴリズムを選択して連続/マニュアル オートフォーカス
- 関心領域    制御と切り替え焦点機能 (ROI)
- 自動露光    オートホワイトバランス      オートゲイン制御 (AE) / (AWB) / (AGC)
▪ マニュアル制御も可能
- 画像  ビデオキャプチャー &
- センサーのレジスターに直接アクセス、ISP (読込み/書込み/出力)
- センサー情報の表示 (温度, TOF, 3軸センサー)
- レンズ歪み補正のアルゴリズム
- 色温度選択 (昼光 / 蛍光 / 白熱 / 自動)
• 数種類のセンサーボードをサポート、交換式
• 非圧縮 YUV 形式と圧縮 MJPEG 形式
• 最大分解能: 2592x1944(5MP)、 3264x2488(8MP)
• Corning®Varioptic® CシリーズモジュールとCorning®Varioptic®A-PEシリーズをサポート
(液体レンズとモジュール、附属の制御ボード、応答時間の最適化と温度補償を含む
• LEDライトを選択可能:White/UV/IR(470nm, 395nm, 950nm)
• ビデオ出力選択可能 - USB ビデオ あるいは LCD ビデオ出力
• 2.8” SPI TFT LCDインターフェース(開発キットに含まず、オプションで使用可能)
• プログラムとデバッグ用JTAG & USB 経由 UART をサポート
• 8つの専用機能を実行するボタン
• USB 3.1 GEN1 デバイス、リバーシブル仕様のType Cコネクター
• プラグアンドプレイ設定(UVC 対応) Windows®7, 8.1, 10 、 、 Ubuntu®12.04, 14.04

製品情報

製品分類 レンズ
カタログ
カタログ名
カタログファイル

企業情報

詳細を見る

クロニクス株式会社 営業部

この製品にお問い合わせする

このページのトップへ